見上げてごらん 夜の星を(坂本 九 代表曲)

夏になりました。7月ですが雨の日が続き、さめざめとした天気。しかし、今年の天体はとても貴重な光景を見ることができるのです。

未だ自粛が要される中、空を見上げて心を落ち着かせるのもいいかもしれません。

今回は『天体観測』を特集したいと思います。

天体観測というと、「大きな望遠鏡が必要では?」と、手軽にできるイメージを持てない人もいるかもしれません。そんな人でも、楽しめるような商品もご紹介します!

夏のオススメ天体観測

ネオワイズ彗星


引用元: https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/07-topics05.html
ネオワイズ彗星は2020年3月に発見された新しい彗星です。7月8日には明るさが1等から2等ほどの明るさで観測されていました。
彗星は、恒星や惑星とは違ってはっきりとは見えません。見える位置の予測を国立天文台公式サイトで分かりやすく表記しているので参考にチェックしてみましょう。
URL:https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/07-topics05.html

明けの明星

7月は日の出前の明るくなり始めた東の空に、明るく輝く金星が目にとまるようになります。位置が分れば昼の空でも見ることも。
日の出から何時間か経った後でも見つけることができるそうです。
また、最大高度の頃の金星は三日月のようにかけているのがわかります。望遠鏡で覗いて観察してみましょう。
※誤って太陽を見ないように注意をしてください。

引用元: https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2020/07-topics02.html

スターウィーク 伝統的七夕

毎年8月1日〜7日は『スター・ウィーク』といって星空に親しむ週間を呼びかけるキャンペーンなのだそうです。8月上旬は全国的に梅雨が明け、安定した天候になります。星空を気軽に眺めるにはとても適しているのです。いろんな場所で天体観望会などの関連イベントが開催されます。

さらに、今年の8月25日は伝統的七夕になります。旧暦の7月7日であったかつての七夕。この日は良いの空に星々が高く昇るそう。運が良ければ場所によって夏の大三角形だけでなく天の川の姿を見ることができますよ。

ペルセウス座流星群

今年のペルセウス座流星群は8月12日にたくさん見ることができると予想されています。条件の良い年よりは観測できる数が少ないそうですが、それでもよく見れるみたいですよ。

引用元: https://starry-skygift.com/perseus-meteor-shower-336

自宅のベランダで快適天体観測!!便利アイテム

コンパクトで使い易い『国立天文台望遠鏡キット』

国立天文台がプロデュースした望遠鏡キットです。コンパクトで安価、このお手頃感で高性能な組み立て式天体望遠鏡。天体観測初心者にぴったりな商品です。

引用元: https://www.nao.ac.jp/study/naoj-tel-kit/

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 『LEDランタンtype2』

可愛らしいデザインと安さが魅力的なランタン。まるでジュースみたいです。ソーラー&USBで充電が可能。防水なので水に濡らしたくないものは本体の中に収納することもできます!

引用元: https://www.captainstag.net/products/UK-4044.html

星座アプリ 『星座表』

昔は星座表という円板型の表を見ながら正座を確認していました。しかし、今では便利なアプリが多くリリースされています。こちらのアプリは空にかざすだけで目の前に見えている星座について詳しく調べることができます。星の名前などもわかりますよ。

引用元: https://camphack.nap-camp.com/20

おまけ

宇宙の店 『お家で巣ごもりセット』

『宇宙の店』という宇宙食などを売っているサイトがあります。
「Stay Home」のために店長がオススメのセットを販売しています。プラネタリウムなど、お子さんと遊びながら天体を学べるキットが盛りだくさんです。

引用元: https://spacegoods.net/SHOP/SET101-02.html


今年の夏はロマンチックな夜の過ごし方をしてみてはいかがでしょうか。